電話 コールセンターのシステム開発 ソフトマティック > 各種情報 > オートコールシステムを利用するメリット

オートコールシステムを利用するメリット


広告や商品の案内、集客をする手段として、電話案内があります。
コールセンターなどで多くのオペレーターを使い、過去に商品を購入した人に新商品の案内をする事ができます。
最近人気が高くなっているのが、人が直接電話をするのではなく、機械がダイヤルし音声メッセージを流すオートコールのコールセンターシステムです。

 

人件費の削減

コールセンターでオペレーターを雇い、一件一件電話をかけるという作業を行うと、その分人件費が掛かります。
また、案内する内容に差異があってもいけませんからオペレーターには研修をする必要性もあります。

 

それほど多くの人件費を割いたのなら、利益も多くなければ赤字になってしまいます。
しかし現実では電話における案内はそれほど大きな利益にはなりません。
オートコールのシステムを利用する事で、人件費を減らす事ができます。
また、同じメッセージを流すので案内内容に差異が生まれる事もありません。

 

電話発信の量が多い

人が電話をすると、電話を取った相手と会話をする必要があります。
人によっては電話を切りたいのになかなか切れない、という方もいます。
音声メッセージの場合、生身の人間でない分相手に気を使う必要がありません。
不要だと思ったらすぐに受信者は電話を切ってしまいます。
すると一件あたりの時間が短縮され、電話をかける回転数が上がります。結果的に、多くのお客様に発信する事が可能になります。

 

警戒されない

セールスの電話を受けた多くの方が「商品を売り込まれる」と感じて警戒してしまいます。
常に断るタイミングを見計らいながら電話対応をしているため、説明もあまり頭に入っていない方が多いのではないでしょうか。

 

その点音声メッセージなら、興味のある人だけがメッセージを聞き続けてくれます。
きちんと内容も聞いてくれるので、反応率も高くなります。

 

 

このように、オートコールのシステムは様々な利点が挙げられます。
費用の削減をしたい時や、効率よく電話案内を行ないたい時には、コールセンターシステムとしてオートコールを活用して下さい。

 

関連する当社パッケージ製品

自動音声による案内の自動化に関しましては、音声自動案内システムがご活用可能です。1回線のもののほか、多回線のものもご提供可能です。

また、発信のみ自動で行い、会話はオペレータがお話しする業務には、クリックコールリスト発信システム、特殊なオートコールシステムとして、新着情報監視システムがございます。

 

 

 



 



▲このページのトップへ