自動電話システムについて


自動電話システムとは、コンピューター制御によって受信電話に応答するシステムと、発信電話にて情報などを通知するシステムです。
電話を使ってのセールス、アンケートの収集、キャンペーンのお知らせなどは、オペレーターや営業スタッフが一件一件電話をしていましたが、自動電話システムを導入する事によって 電話する相手の選択や情報発信および情報収集をすべてコンピューターでおこなうことができます。
また、督促業務など一方通行の通知手段などの際にとても有効なシステムです。

 

自動電話応答システム

お客様が電話をかけた際に、電話の応答をオペレーターや、担当スタッフに代わってシステムが自動応答するものです。
お客様と受信企業との情報のやり取りは、「プッシュ操作」とシステムの「音声」となります。

 

・資料請求
・申込み・予約受付
・商品・サービスの購入
・問い合わせ対応
電話でのお客様とのやり取りの多いコールセンターや、一般企業のビジネスシーンに欠かせない応答ツールとなっています。

 

自動電話発信システム

近年では、地方公共団体による自動電話システムの導入が増えています。
地方税や国民健康保険などを滞納している方向けに、自動電話システムを利用して発信を行っています。
各地方公共団体の職員が、発信リストを作成し、コンピューターが自動的に電話をかけるというシステムになっています。

 

電話での督促業務というのは、つながるまでの時間のロスや、人手を必要とします。
滞納している方も支払日を忘れてしまっている場合が多いです。
自動電話システムの発信のアナウンスで、支払日を過ぎてしまっていることをお知らせすることで、回収率アップにもつながります。

 

弊社では、自動的にダイヤルし音声案内をおこなう、1回線用低価格システムを提供しております。
本システムは、督促業務等の一方通行の通知手段としてご利用いただけます。
メールでのお知らせでは見忘れてしまうこともありますが、音声案内を利用すれば、人員を人手のかかる業務にシフトすることができるのではないかと思います。

 

関連する当社パッケージ製品

自動音声による案内の自動化に関しましては、音声自動案内システムがご活用可能です。1回線のもののほか、多回線のものもご提供可能です。
また、発信のみ自動で行い、会話はオペレータがお話しする業務には、クリックコールリスト発信システム、特殊なオートコールシステムとして、新着情報監視システムがございます。
自動応答システムにつきましては、基幹システムとの連携が必要な場合が多いため、都度ご利用イメージをお伺いして開発する形をとっております。

 

 

▲このページのトップへ