LightMighty - 状態表示ライト

状態表示イメージ
お手元のPCにUSB接続し、さまざまな情報をライトでお知らせすることができるツールです
PCやアプリケーションが発するイベントを周りの人が見てわかるようにライト表示することができます。従来は管理者用PCの画面や大画面モニターなどで表示されていたオペレーター状態表示をブースごとに設置するUSBランプのライト色で表現できるようになるので、オペレーター相互でのチェックも可能になります。

用途としましては、
・オペレーターの状態(プレゼンス)
・コールセンター等において待ち呼状態を表示
・何か警告が発生したときや、指定の時間になったときに色が変わる(リマインダー)
などが考えられます。パソコンやアプリケーションの状態など目視確認を容易にするためのツールです。

機能説明

【ファイル連携機能】
ファイル連携により、ライトの色を制御することができます。(他のアプリケーションと連携する必要があります。)
当社パッケージとの連携として通話録音とモニタリング、管理アプリケーションでの警告ランプなどとの連携を実現しています。

 ※ファイル連携は、ライトの制御を行うために、ファイルに書き出す部分のカスタマイズが必要になります。

【Windows®ロック状態監視機能】
Windows®のデスクトップのロック状態をライトの色でお知らせする機能です。
Windows®ログイン中は青のライトをつけて作業中であることを示し、離席時などコンピューターのロックによって黄色のライトに変化させたりすることで、簡易的に着席・離席をライトで表現することができます。

 ※ログオフ時は消灯となります。

用途および事例

・オペレーターの状態(プレゼンス)や離席、着席のお知らせランプとして
・待ち呼状態を表示し、管理者だけではなく周囲のオペレータにも気づいてもらう
・ロック状態監視機能を使用して、勤怠のチェックなどに役立てる
・何か警告が発生したときや、指定の時間になったときに色が変わる(リマインダー)

ライト本体サイズ

高さ:約11cm
幅:
   (本体)約1.8cm
   (底面)約3.2cm
奥行:
   (本体)約1.8cm
   (底面)約3.2cm
USBケーブル長:約2m
※底面貼り付け用に両面テープ付属。
(別途マグネット等を貼付することもできます。)
状態表示ランプ

動作環境

クライアントアプリケーション
OS Windows 7 (SP1), Windows 8, Windows 8.1, Windows 10
CPU OSが適正に動作する環境であれば特に制限無し
メモリ OSが適正に動作する環境であれば特に制限無し

その他環境等
・1つ以上の空きUSBポート
・10MB以上のHDD空き容量
・.Netフレームワーク4.0以上

連携オプション

X-Lite連携オプションをご用意いたしております。X-Liteの状態表示(Presence Status)と連携して、ライト表示することができます。
X-Liteの状態を、PCの周辺から目視確認することができますので、オペレータのプレゼンス表示としてお使いいただけます。
【動作確認バージョン】4.9.8、5.0.1
X-Lite状態表示連携

価格

お問い合わせより、お見積もりのご依頼をお待ちしております。
お問い合わせはこちらから>>

▲このページのトップへ