電話 コールセンターのシステム開発 ソフトマティック > 製品のご案内 > 自社ブランド製品 > リトリーバーPro - 通話モニタリングシステム

リトリーバーPro - 通話モニタリングシステム


既存電話設備に後付け。モニタリング機能を低価格でシンプルに実現

今お使いの電話機にスムーズに取り付けられる、オペレーターの通話を監理者が通話モニターするシステムです。

クライアント接続型(電話機と同じ場所にあるPCで音を取り込み)となりますので汎用的で、電話回線の工事、交換機(PBX)の工事などを実施する必要がないため導入までに手間がかからず、運用中であっても部分的に設置作業が行えます。また、1台ずつ増設できるという点も魅力です。

特に大きな遅延のないモニタリングを実現しているため、コールセンターやコンタクトセンター、お客様電話受付センターなどでは不可欠な機能の一つと言われる通話モニター機能を、現在の電話環境に後付けすることができます。

通話録音システムをお探しの方はこちら>>

運用イメージ

リトリーバーPro単体(モニタリング機能のみ)

既存の電話環境に本システムを導入することで、下記イメージのように各電話の受付状態を集中的に監視することができるモニターとしても、ご活用いただけます。この画面上より、通話モニターの開始停止、緊急通報の受信、チャットを制御することができます。録音機能も必要な場合は、メモ録Proとモニタリングオプションをお選びください。

通話録音機能と併用していただく場合(メモ録Pro+モニタリングオプション)

通話録音機能と併用いただく場合は、通話録音が持つ情報をモニタリング一覧画面に表示することができます。録音中・再生中など各PCの状態が一覧表示されますので、さらに管理者の利便性を高めます。

※管理情報として、平均通話時間や全通話時間、総合的なクライアントPCの状態情報や通話時間などの表示のほか、それらのCSV抽出が可能となっております。従来のシンプルな画面にも切り替え可能です。

※クライアント状態表示システムとの連携も可能です(オプション)。クライアントの状態(録音・待機・再生・録音時間の制限時間超過・オペレータSOS時)によってライトの色が変化するため、実際のコールセンターのイメージを目視で直感的に把握することが可能です。


[クライアント状態表示ライト]
各オペレータPCに取り付け、コールセンターの状態を一望できる状態表示ライトです。ソフトウェアと連携し、状態に応じて表示色を変化させ、緊急性の高い状態は点滅させるなどの動作が可能です。ライトはUSBケーブルで接続しますので、設置方法は自由度があります。
管理者席ではもちろん画面上で把握ができますが、管理者離席中、周囲からも状態が把握できるので、気づきを早くする、自身の意識改善が期待できます。
状態表示イメージ

システムイメージ

機能概要

●電話モニター機能
オペレータとお客様との会話をLAN経由でリアルタイムにモニタリングできます。
PC同士がLAN接続されていれば実現でき、電話をそのまま聞いているようなクリアな音質でモニタリングが可能です。
使用帯域:128kbps/モニターセッション

●通話監視画面
モニター対象として登録された電話の状態を監視することができます。
メモ録で実現している通話検知機能により、通話中かどうかをPC画面上で一覧表示されます。
通話時間警告機能がついていますので、ある一定時間の長電話となっている通話を選択してモニタリングするなどのことが可能となっています。

●テキストチャット機能
クライアントPCと管理者用PCとの間で、メッセージのやり取りを行なうことができます。
メッセージは固定の文章が登録できますので、決まった会話であればマウス片手で管理者とメッセージ交換ができます。

●SOS機能
クライアントPCからのヘルプ要求機能です。
マウス片手で、ワンタッチでSOSを管理者に通知します。

用途

コールセンター、コンタクトセンター、お客様相談センター、保守センターなどでの一般電話機、多機能電話機、ビジネスホン、IP電話機の通話モニター機能

事例

●国内メーカの交換機をご利用のお客様で、弊社ACD機能アドオン+ヘッドセット(およびハンドセット)環境におきまして、交換機連携・CTI連携を行なったモニター機能を実現しています。(カスタマイズ)
●国内電話会社ビジネスホンをご利用のお客様で、設備関係保守の24時間受付センターに導入しています。

※何れも弊社直販案件の代表的な事例です。
※対応可能な交換機につきましてはお問合せ下さい。
※PCにインストールするソフトウェアで制御しますので、上記事例のようなお客様環境に合わせたカスタマイズが可能です。

ご利用いただきたいお客様

●現在の電話設備ではモニター機能が搭載できない。実現するには大掛かりな電話設備の入れ替えが必須。
●大掛かりな電話設備では、数席程度のセンターなので1台あたりの費用が大きく、割に合わない。
●増設時のコストが大きく、負担と感じている。
●通話モニターの必要性は感じるが、売り上げに直結しない間接的な設備なのでコストをできる限りかけたくない。
●交換機に搭載されているモニター機能では、複数の管理者でモニターできないとお困りのお客様。

ご用意いただくもの

1台のみであれば、電話機とPCがあれば準備完了です。
クライアントPCと管理者PCの間はネットワークで接続されている必要があります。

動作環境

クライアントアプリケーション
OS Windows 7(SP1)/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10
CPU 推奨 2GHz 以上
メモリ 推奨 2GB 以上
その他必要環境
・1つ以上の空きUSBポート
・1GB以上のHDD空き容量
・USBハブを使用される場合は、セルフパワーのものをご利用ください。
・電源ノイズやキーボードノイズ、マウスノイズなどによりアースが必要となる場合があります。

管理者用アプリケーション
OS Windows 7(SP1)/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10
CPU 推奨 2GHz 以上
メモリ 推奨 2GB 以上
その他必要環境
管理者用PCでPC標準のオーディオデバイスを使用する場合においては、ヘッドフォンをご用意いただくことをお薦めします。

価格

お問い合わせより、お見積もりのご依頼をお待ちしております。
お問い合わせはこちらから>>

取付け

面倒な電話工事などは不要ですので、お客様ご自身でのセットアップが可能です。

※お客様ご自身でのセットアップにあたり、ご注意ください※
USB通話録音アダプタでの録音ファイルの音質は非常に良いです。
無音部分に「サー」という耳につかない程度のノイズが録音されることがありますが、もし、「ジー」などの耳障りなノイズが録音に含まれる場合は、PCの電源コードのアースを確実におとしていただくか、PC筐体自体にアースを付けてみてください。格段に音質が良くなるケースがほとんどですのでお試しください。
詳しくはお問い合わせください。

サポート

サポートにつきましては、お電話・メール等でバックアップさせていただきます。
サポート担当者ではなく、ソフトウェア実開発者によるサポートとなりますのでより詳しいサポートが可能です。

▲このページのトップへ